動画マーケティングをナビゲートする映像制作のプロ

ブログ「動画法」は、名古屋の映像制作プロダクション フォロウショットによって運営されています。ぜひウェブサイトへもお越しください。

FOLLOWSHOT ウェブサイトへ
インタビュー動画制作

インタビュー撮影での目線について

インタビュイー(インタビューされる人)の目線は、インタビューシーンの印象を大きく左右します。今回は、目線による印象の違いと、現場でどうやって目線を作るかについて考えます。
インタビュー動画制作

【役者に学ぶ】動画で成功するための会話術

動画マーケティングの隆盛で、普通のビシネスマンや自営業の方でも、カメラの前で話す機会が急激に増えています。インタビュー形式の場合、インタビュアーに腕があれば、喋りが苦手なインタビュイー(インタビューを受ける側)でもなんとかなります。しかし、仕事として喋るなら、上手くしゃべれるに越したことはありません。
映画・テレビ・IT

デジタルネイティブはなぜPCもカメラも使えないのか?

デジタルネイティブというのは、生まれたときからIT環境下にある若い世代を指す言葉ですが、私は非常に問題のある言葉だと思っています。なぜなら、その字面が若者はITスキルが高いという幻想を振りまくからです。
YouTube動画制作

カット割りの基本とは何か

そもそも、カット割りは絶対にしなければならないものではありません。カット割りをする必要がなければ、ワンカットで見せればいいのです。では、カット割りが必要なのはどんな場合でしょうか。
動画マーケティング

面白い会社案内ビデオの作り方

面白い会社案内ビデオを作るための大切なポイントは何でしょうか? 私は情報の見える化に尽きると思っています。
講演・セミナー撮影

セミナーや研修会のビデオ撮影を内製化すべきでない3つの理由

「今度のセミナー、ビデオで記録を残しておきたいから、社内の若手に頼もう」それは絶対に間違いです。
動画マーケティング

ダメな学校紹介ビデオの作り方

学校紹介ビデオは4つの要素で成立しています。これらひとつひとつについて、自己満足な表現になっていないかをチェックするポイントを考えます。
YouTube動画制作

起承転結の意味とYouTube動画の構成分析

ここでは起承転結をできるだけ簡潔に定義し、動画構成のモノサシとして実際の制作で使ってみたいと思います。
講演・セミナー撮影

講演やセミナーを動画で資産化する3つのメリット

今回は、講演やセミナーを動画化するメリットに的を絞って考えてみます。
インタビュー動画制作

インタビュアーが絶対にやってはいけない3つのこと

インタビュイー(インタビューの相手)が能動的に話すインタビューこそ、良いインタビューだと私は考えています。インタビューの目的は相手から情報を得たり、相手の気持ちや本音を訊いたりするものですが、強いられたり、いやいやだったりする相手からそういうことができるとは到底思えません。
タイトルとURLをコピーしました