動画の構成テクニックをマスターしよう【オンライン講座】

オンライン講座
この記事は約3分で読めます。

ストアカでオンライン講座を開いています。

「動画の構成テクニック」を、初心者の方にもわかりやすく解説しています。ご質問大歓迎です。ぜひ一度、ストアカページをご覧ください↓

「【オンライン】動画の構成テクニックをマスターしよう【初心者歓迎】」by 一尾 直樹|ストアカ
プロが基礎からわかりやすく解説します

講座内容

いくら映像が素晴らしくても、作品全体の構成がマズければ、動画は良くなりません。

現在は、写真も動画もデジタル一眼カメラで撮る方が多いと思いますが、動画が写真と決定的に違うのは、「時間的構成」を考えて制作しなければならないという点です。

編集アプリは使えても、構成のテクニックがなければ、せっかく撮った映像が台無しになる事も起こりえます。

この講座では、動画シナリオや編集に必要不可欠な「構成の基本」と、すぐ使えるテクニックを学びます。

ビデオグラファーとしてたくさんのYouTube動画制作を請け負ってきた経験と、プロのシナリオライターの経験に基づき、初心者の方にもわかりやすいよう具体的に解説いたします。

初心者の方大歓迎です。
知識・経験ゼロの方、カメラやPCなどの機械が苦手な方にも理解していただけるような講義を心がけます。

動画構成のテクニックを身につけ、ワンランクアップした動画作品を目指しましょう!

<講座内容>
ZOOMを使ったオンライン講座です。
参加者の皆さんと対話する形式で楽しく進めたいと思います。
以下のテーマを準備していますが、質疑応答や理解度に鑑み多少変動すると思いますので、予めご了承ください。

【構成が悪い動画とは】
・退屈
・つかみが弱い
・冗長である
・盛り上がりに欠ける
・きれいに終わらない

【動画構成は時間構成】
・文章や画像と動画の違いは「鑑賞時間」
・動画の構成とは時間の構成である

【言葉が映像をつなぐ】
・ナレーション
・字幕
・インタビュー
映像をつなぐのは言葉
これらの使い方をマスターする

【2つの制作スタイル】
・構成を考えてから撮る
 シナリオ(台本)を作る
・撮ってから構成を考える
 編集で試行錯誤する
・どちらも構成が重要

【起承転結の意味】
・知っているようで実は知らない本当の意味

【動画構成のテクニック】
<退屈にしないためには>
・時系列で考えるのをやめる
・ストーリーとプロットの違い
・ドラマ要素
<冒頭でつかむためには>
・ファーストシーンの作り方
<もりあげるためには>
・クライマックスの作り方
<きれいにおわるためには>
・ラストシーンの作り方
<冗長にしないためには>
・中盤の作り方
・冗長さを回避するテクニック
<YouTube動画特有のポイント>

コメント

タイトルとURLをコピーしました