オンライン講座

3ステップで作る職場の広報動画【オンライン講座】

ストアカでオンライン講座を開いています。 会社案内・学校紹介・店舗PRなどの「広報動画の作り方」を、初心者の方にもわかりやすく解説しています。ご質問大歓迎です。ぜひ一度、ストアカページをご覧ください↓ 『【動画内製化】3ステッ...
オンライン講座

動画の構成テクニックをマスターしよう【オンライン講座】

ストアカでオンライン講座を開いています。 「動画の構成テクニック」を、初心者の方にもわかりやすく解説しています。ご質問大歓迎です。ぜひ一度、ストアカページをご覧ください↓ 講座内容 いくら映像が素晴らしくても...
オンライン講座

オンライン講師をはじめました

カフェトークとストアカでオンライン講師をはじめました。プロフィールページを覗いていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。
ストリートビュー撮影

ストリートビュー撮影の危険な罠

動画制作でご贔屓にしていただいているクライアント様からのご依頼で、施設内のストリートビューを撮影し、Googleマップに公開しました。その際、ストリートビュー撮影にはとんでもない「罠」があることを知りました。Google自身がリリースしているストリートビューアプリが役に立たないということです。
映画・テレビ・IT

やはりおかしい大河ドラマ「麒麟がくる」

撮影はコストとの闘いですから、現場に応じた撮影方法をとるのは当然のことです。しかし、それが画面のクオリティに影響するとなると話は別です。日本のドラマを代表する大河ドラマとなれば尚更そうだと思うのですが、いかがでしょうか。
動画マーケティング

思考の三分法│世界観・ストーリー・ドラマ

映画作品は「世界観・ストーリー・ドラマ」この3つの要素で成立しています。この「三分法」は、他のコンテンツやサービスなどビジネス全般に広く当てはめることができる、非常に優れた「思考のモノサシ」だと私は思っています。回は映画『TENET テネット』予告編を足がかりに、「世界観・ストーリー・ドラマ」とは何か考えます。
映画・テレビ・IT

大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影で納得がいかない点

大河ドラマ「麒麟がくる」の第一回放送を見て、その画面(撮影)に疑問を持ちました。公式YouTube動画の画面を引用して具体的に述べます。
動画マーケティング

動画マーケティングの基本戦略

マーケティングのための動画を企画するにあたって、テーマの次に考えるべきことは、動画の表現の型と制作方法、この2つです。この2つは、いわば「戦略」ですから、複雑に考えては意味がありません。まずはできる限り単純に考える必要があります。
YouTube動画制作

プロカメラマンの資格とは何か

誰もがプロ並みに撮影できるカメラを手にできるようになっった現在、カメラマンとはただ「写す人」をさす言葉になりつつあります。そんないま、プロカメラマンを名乗る資格があるとしたら、それは何でしょうか?
YouTube動画制作

動画編集のやり方に悩む初心者への13のアドバイス

私たちは動画を見るとき、無意識にではありますが、カットの切り替えに必然性を求めています。だから意味が感じられないカットつなぎには違和感を感じるのです。サイズやアングルが違えば「視点の切り替え」のためだと納得できます。
タイトルとURLをコピーしました