役者の演技に学ぶ会話術

映画・テレビ・IT
この記事は約7分で読めます。

仕事における会話は演技の一種です。演技のプロといえば役者ですから、役者のよい演技を分析すれば、仕事の会話術に役立つはずです。結論からいうと、演技とは視線・しぐさ・セリフ、この3つの総称であり、会話でもそれらを意識するだけで格段に「話せる」ようになります。以下で順を追って説明します。

演技とはシミュレーション

演技が視線・しぐさ・セリフで成り立っているというのは、実は当たり前のことです。なぜなら、演技とは人の自然なリアクション(反応)のシミュレーション(模倣)だからです。わたしたちはいつも、まず見て、それから動き、最後に言葉を発します。

たとえば、可愛い猫が隣でニャアと鳴いたとしましょう。わたしたちは猫に目をやり、微笑み、「かわいい」とつぶやいたりします。またたとえば、「おい」と人から声をかけられたとしましょう。わたしたちはその人をまず見て、友人なら手を上げ、「やあ」と応えたりします。見知らぬ人なら体をこわばらせ、「なんですか」と尋ねたりします。

どれも無意識にやっているので気づきにくいのですが、わたしたちのリアクションは、まず反射から始まります。それはほとんどの場合、視線として表れます。そして次に、わたしたちは目から入った情報を脳で処理します。つまり見たもの・ことについて感じ、考えを巡らせます。頭の中は見えませんが、感情や思考は大抵しぐさを伴います。言葉が出るのは最後です。なぜなら、頭で考えた後でないと喋ることはできないからです。

現実でのリアクション、を演技を構成する要素に対応させると、以下のようになります。

現実のリアクション演技を構成する要素
反射視線
感情・思考しぐさ
言葉セリフ

よい演技に人間らしさは不要

では、よい演技とはどんな演技のことなのでしょうか? 私はそれを理想的なロボットになることだと考えています。何やら矛盾した事をいっているように見えるかもしれませんが、そうではありません。以下で順を追って説明します。

よい演技とは、登場人物の感情や内面を観客に伝える演技です。それができれば、架空のキャラクターをまるで実在するように見せることができます。いわゆる「役になりきる」というやつです。「役になりきる」というのは憑依や忘我の状態を言うのではありません。むしろその逆です。普段は無意識にやっていることを意識的に模倣するのが演技ですから、よい演技とは意思による身体コントロールの賜物です。

身体をコントロールするというとアスリートやダンサーを思い浮かべますが、そういう人達がやっているのは非日常的な行為です。一方、役者がやるのは普通の人の普通の生活ですから、かなりイメージが違います。

役者以外で普通の人の普通の生活を模倣するのは、SFに出てくる人造人間、アンドロイドです。現実のロボットはまだその域には程遠いのですが、SFには人間と見分けがつかない、さらには人間以上に人間らしいアンドロイドが昔からよく登場します。冒頭で「理想的なロボット」と書いたのは、そんなアンドロイドを想定してのことです。

ちなみにSFでは多くの場合、アンドロイドと人間の境界が主題となります。簡単にいえば、アンドロイドが心を持つかどうかです。心は科学的に測定できませんから、それは相対する人間がどう感じるかで決まります。重要なのは、そのリアクションが人間と見分けがつかないということです。

アンドロイドが心を持つかどうかは別として、それが人間らしく見えるのは人工的な頭脳とプログラムのおかげであることは間違いありません。これは演技にも同じことが言えます。人間らしさは演技の結果であって、前提条件ではありません。よい演技をするには、まず人間らしさを捨てる必要があるとさえ言えます。

ここまで言うと、なにか極論・暴論のように見えますが、そうではありません。ふだん無意識にやっていることを意識してコントロールするには、脳を一旦まっさらな状態にしなければなりません。それは自分を自分で「ロボット化」することです。そもそも、もし人間らしさが演技の前提条件なら、演技は練習しても習得できないということです。そのほうがよほど希望のない暴論です。そしてこの、はじめに人間らしさを捨てるという演技の基本が、会話術にも役立つ重要なポイントなのです。

演技としての会話術

相手によく見られたい、好印象を与えたいと思うほど、会話はうまくいかないものです。そういう思いが強いほど、言葉はたどたどしく、態度はぎこちなくなりがちです。これを上に書いた演技論でいうと、人間らしさを前提とするから、かえってロボットのような演技になってしまうということです。これは因果を取り違えたために起こる悲劇です。会話術すなわち演技力を磨くには、その逆のプロセス、つまりロボットが徐々に人間になっていくイメージを描くべきなのです。

反応を制御する

人間のリアクションはまず反射だと書きました。反射は無意識の反応です。ですから、演技するためには、まずこの反射を抑える訓練をしなければなりません。具体的には視線を動かさない訓練です。定まらない視線は相手に不安を与えます。私がそうなのですが、もともと動揺しやすい人には、これが最大のハードルです。

反応を抑える訓練でいちばん役立つのが、自分をロボット化する意識です。自分は人間だという意識が根底にあるから反応し動揺してしまうわけで、それを変えれば心は落ち着きます。ロボット化の意識が心を落ち着かせるというのは逆説的ですが、心とはそういう逆説的というか天の邪鬼なところがあるものだと思います。

視線を決め打ちするのも有効な方法です。相手の額や口元に視点を固定するのです。相手の目を見てしまうと、その動きで動揺してしまうことがあるからです。目を見てないと気づく人はまずいませんので、失礼な印象を与えることにはなりません。そういう自己鍛錬を繰り返せば、だんだんと視線を自分でコントロールできるようになっていきます。

感じない考えない

怒っている演技をしているからといって、役者自身が怒っているわけではありません。事件のことを考えているように見えても、役者の頭の中は晩飯に何を食べるかでいっぱいかもしれません。役者は台本に沿って演技しているだけです。

上に書きましたが、感情や思考にはしぐさを伴います。役者はこれを逆に利用しています。こういう感情のときはこのしぐさ、こういう事を考えているときはこのしぐさ、といった具合に、たくさんのしぐさをストックしています。そういったしぐさを見せることで、観客にキャラクターの内面を想像させているのです。

つまり、キャラクターの内面は観客の側にあるということです。ですから、もし適切なしぐさがなければ、役者は間を取ります。しばらく何もしないのです。うまくいけば、その空白の裏に、観客は複雑な感情や思考を読み取ってくれます。

この、自己の内面と表出されるしぐさを切り離すという意識は、会話術でも大変重要です。会話の言葉をたどたどしく、態度をぎこちなくしてしまうのは、無駄な感情や思考です。感情をしぐさに出さないというのが身につけば、逆に感情も高ぶらなくなります。さらに、考えながら話すのをやめる、つまり役者のように思考と会話を切り離すことができれば、もっとスムーズに会話を進めることができます。

考えるべきことは事前に100%考えておく。判断すべきことにも答えを出しておく。そうすれば考えながら話さずに済みます。つまり台本を作っておくのです。それで感情的にも余裕が出ます。もし相手から想定外のアクションがあったときは、役者のように十分な間を取り「持ち帰らせてください」と判断を保留すればいいだけのことです。

セリフはしっかり覚える

役者は台本に書かれたセリフを言っているだけです。日常会話に台本はありませんが、しかし冷静に振り返れば、日常会話も限られたパターンの組み合わせにすぎません。仕事での会話となれば、パターンはさらに絞られます。たとえば電話対応などは、数パターンのセリフを、固有名詞を入れ替えながら使いまわしているに過ぎません。

ですから仕事の会話でも、よく使う言い回しをセリフ化し、普段からよく練習してしっかり身につけておくことが大切です。

文章を書くには一定の時間がかかります。適切な言葉や言い回しは、そうポンポンとは出てきません。私もこのエントリを書くのに数日かけています。スピードやテンポが必要な会話でそういうことをやっていたのでは話になりません。

ちなみに、役者がセリフをその都度自分で考える場合もあります。エチュードと呼ばれるもので、役柄やシチュエーションだけを決めて、台本なしで会話する練習です。また、そういう方法で作られた映画やドラマもあります。これらは簡単にいえば、決められたセリフを喋るという役者の根本を揺さぶることでリアリティーを獲得しようという試みです。もともと役者に数多のセリフやしぐさが染み付いているからこそ、あえてやる意味があることだとも言えます。

会話を上手く行うには、会話は人間の自然な行為であるという考えを捨てるのが大事だと思います。特にパブリックな会話は、練習や経験を積むこと以外で上達することはありません。そういう意味で、役者の演技を参考にし、そのテクニックを少しでも自分のものにすることは大変意味のあることだと思います。

映画・テレビ・IT
スポンサーリンク
FOLLOWSHOT

名古屋の映像制作プロダクションです。法人さまの動画制作・ビデオ撮影を承っております。

このブログでは、動画制作・ビデオ撮影に役立つ知識や、高価なカメラや機材なしでも使えるテクニックを中心に、映像全般について書いていきたいと思います。どうかよろしくお願い申し上げます。

FOLLOWSHOTをフォローする
FOLLOWSHOTをフォローする
動画法

コメント

タイトルとURLをコピーしました